よくある質問

Q1 ボランティアをするためにはどうしたらいいですか?

各市町村のボランティアセンターに直接お越しください。団体での参加は、事前受付が必要な場合があります。各市町村ボランティアセンター(社会福祉協議会)のホームページにてご確認ください。

Q2 事故に備えてボランティア活動保険に入りたいのですが、現地で受付できますか。

被災地外からお越しの方につきましては、事前にお住まいの市町村社会福祉協議会で「ボランティア活動保険」にご加入ください。被災地までの往復の移動についても補償されますので、より安心です。
補償される範囲、内容については条件があります。また、土日祝日は窓口が閉まっている場合がありますので、詳しくはお住まいの社会福祉協議会までおたずねください。
【参考】ボランティア活動保険には、基本タイプと天災タイプがあります。台風などの風水害によるケガは基本タイプでも補償されます。天災タイプは、地震・噴火または津波によるボランティア自身のケガが補償されます。また、今年度すでにボランティア保険に加入されている際には、重複での加入は不要です。

ボランティア保険に未加入の方は、当日ボランティアセンター受付でお申出ください。

Q3 何を持参したらいいですか。

【衣類】長袖、長ズボン、着替え、帽子、防じんマスク、ゴーグル、長靴、タオル、ゴム手袋
【資材】スコップやジョレン(お持ちの方)
【暑さ対策】冷感タオルシートや冷感スプレーなど
【飲食】飲み物(2L以上を目安に)、昼食、塩飴

水害支援の装備装備のめやす
クリックすると拡大します。

Q4 車で来るのですが、駐車場がありますか。

各市町村の災害ボランティアセンターにより異なります。必ず事前にご確認ください。
また、道路の通行止など交通規制、復旧作業のための渋滞などが多くあります。時間に余裕を持って、安全運転でお越しください。

Q5 車を持っていないので公共交通機関で行きたいのですが、方法を教えてください。

各市町村の災害ボランティアセンターのホームページでご確認ください。
水害に伴い、運休、運行本数の削減などが続いています。列車の運行状況などは各交通機関のホームページでご確認ください。

Q6 ボランティアは、高速道路が無料になると聞いたのですが。

一定の条件の下で、高速道路料金が減免されます。(2019年3月31日通行分まで
詳しくはこちらをごらんください。

Q7 宿泊をする場所はありますか。車中泊、キャンプをしてもいいですか。

宿泊施設は各自で確保をお願いいたします。野宿や車中泊は禁止されていたり、地域のみなさんの不安を招いたりすることがあります。

Q8 物資が足りないと聞きました。送ってもいいですか。

物資につきましては多くの方からご心配・ご配慮をいただきありがとうございました。
災害ボランティアセンターでは、被災者向けの物資につきましてはお預かりをしていません
必要に応じて、ボランティア活動用の資機材のご提供をお願いすることがあります。
その際は、ホームページ等でお願いをした上で、事前にやり取りをした上でお送りいただきます。

なお、倉敷市災害ボランティアセンターでは、ボランティア活動用の資機材のご提供のお願いを以下リンク先より行っています
(こちらについては事前のやり取りは不要です)。
▼スマートサプライ「倉敷市災害ボランティアセンター泥かき作業応援プロジェクト」