災害ボランティア車両の高速道路無料措置について

この制度は、災害発生後、被災地の都道府県知事からの要請を受けて、高速道路会社が無料措置を実施した場合にのみ適用されます。
2019年7月1日以降に発生する災害について、災害ボランティア車両の高速道路無料措置にかかる「災害派遣等従事車両証明書」の取得における手続きが変更になっています。

●令和元年9月3日大雨(新見市)

2019-09-20更新

無料措置期間:令和元年9月6日(金)~10月31日(木)
対象区間:西日本高速道路株式会社、本州四国連絡高速道路株式会社(各道路株式会社管轄のIC~新見ICの範囲に限る)

※ボランティア募集範囲: 岡山県に居住する方(在勤・在学者含む)
岡山県ホームページ http://www.pref.okayama.jp/page/567021.html

利用の流れ
  1. 「ボランティア車両証明書(様式)」をダウンロードして、印刷する。
    ダウンロード→「ボランティア車両証明書(様式)」(新見市災害ボランティアセンター用)
  2. 出発前に、往路分・復路分の様式に必要事項を記入する。
  3. 高速道路を利用(往路)し、新見ICにて顔写真付きの本人確認書類を提示のうえ、証明書(往路分)を係員へ提出。
  4. ボランティア活動をする。
  5. 活動終了後、ボランティアセンターで、証明書(復路分)に「活動確認」の押印を受ける。
  6. 到着地のIC(出口料金所)にて、顔写真付きの本人確認書類を提示のうえ、押印のあるボランティア証明書(復路分)を提出してください。

※クリックすると拡大します。(出展:西日本高速道路株式会社)

 

 

▼注意事項、手続き詳細を、西日本高速道路株式会社ホームページより、ご確認ください。
西日本高速道路株式会社

 

●平成30年7月豪雨災害

平成30年7月豪雨災害に伴う、無料措置は令和元年6月30日をもって終了しました。